ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
夜風
カーンカーンと、遅くまで高層住宅建築の音が響く。

九月の夕暮れは早く、空は刻々と色を変えていく。

作業現場なのだろうか、極端にまぶしい明かりが灯されて

たまに人の声が聞こえてくる。私はあんな高いところで仕事なんか

したくないと思う。



去年から急に車通りの多くなった道を、なんとなく他所様へ来た

ような気分で家路を辿る。歩道は広くなった。街路樹も背が高いのが

植えられた。お前も余所者かい?

後ろからやって来た自転車にジリリジリリと激しくベルを鳴らされた。

脇に避ける。歩道は広くなったけど使いにくいね。



大きな通りから一本脇道を入る。古いながら、我が家がある。

ここの風景だけは変わらない。相変わらず、威勢のいい雑草が

(名前は知らない)コンクリの壁の下から、私の背より高い位置で

ピンクとも赤ともつかない色で花を咲かせている。

お前は今年も元気だね。



家に入ると、家内が「お帰り」と言った。

うんと頷いただけで食卓の椅子に座り、リモコンでテレビのスイッチを

入れる。漫才だか、いつもと同じような番組をやっている。

家内が夕食の用意を始めた。



木造二階建て。狭いながら、立派な我が家だ。

天井を見ると、見慣れたシミが今日もある。いつからあるのか知らない。

家内が茶碗にご飯を盛って食卓に二つ置いた。

それから少々大きめな、汁が沢山入ったカップをトンと真ん中に置いた。

「おでんだよ」

うんと頷いて私は箸でカップの中身をグルグルと回した。

「だいこんとごぼう巻きと玉子があるからね」

家内が言った。

「今日からおでんが始まったんだよ」



家内はもう何年も炊事はしない。飯を炊くだけだ。

惣菜は近くの商店で買って来る。今では惣菜は何でもある。

大きな通りに出れば、目に見える範囲に三つ、商店がある。どれも二十四時間、

深夜まで開いている。子どもたちが帰って来ると、

夜中でもおやつを買いに出て行く。もう暗くて危ないからよせ、と言っても

娘は笑うだけだ。

「コンビニが明るいから大丈夫よ」

コンビニ。コンビニ。



「やっちゃんのところに、男の子が生まれたって」食後のお茶を煎れながら

家内が言った。

「やっちゃんて?」

「ヒロのところの長男の!孫の名前も忘れたの。ボケが始まったね!」

家内は意地悪い魔女のように笑った。お前だってボケてるくせに!



東京は夜の7時。テレビからは相変わらず騒がしい音が流れている。

「さて、寝るか」

家内が煎れてくれたお茶に手を付けずに立ち上がる。

家内はまた笑った。

「もう寝るの。まだ7時なのに」

スポンサーサイト
【2007/10/04 20:39】 | 東京の夜は7時 | トラックバック(0) | コメント(0) |
故意
会社を出たら雨が降ってきた。バッグから折りたたみ傘を取り出す。

ちょっとモタついていたら、後ろから来た人に肩で押された。

赤信号で立っていた、その人のあとを追いかけて行き、彼の背中を押す

ように、派手に傘を広げた。



駅の改札を抜けて階段を昇っていたら、ちょうど入線していた電車から

降りてくる人の波にもまれた。後ろから私の前に割り込むようにして

入って来た男性のひじが、私の肩を突いた。私は彼を追い越し返して

ひじで軽く彼を突いた。彼は階段を降りてくる人並みに押され、ふらっと

仰向けによろめいた。



電車に乗った。帰宅ラッシュで混んでいた。一駅、扉近くの混んだ

スペースで立っていた。湿度がうっとうしい。

次の駅で、車輌の奥から人が降りた。「すみません、すみません」

彼の声に周囲の人間は動かない。彼は人にもまれるようにして出て行った。

彼の居たスペースが空いている。そこに移動しようと思った。

「すみません、すみません」私も人を押しのけ奥へと入った。

シートが空いていた。その前に大きな荷物を床に置いて、雑誌をひろげる

女性。彼女を肩で押しのけて座った。バランスを崩した振りをして

彼女の鞄を靴で蹴った。



電車を降りた。ターミナル駅は混雑を極めている。

切符なのに間違えてSuica専用出口に入ってしまった人が、慌てて引き返す。

後ろに飛び退くくらいに私に体当たりしておいて、謝りもしない。

彼の急ぎ足に絡まるように、私は瞬時に左足を出した。



エスカレーターを降りる。突然に前に立っていた男性が電話着信。携帯電話を

取り出して話を始めた。

エスカレーターを降りたところで、携帯に夢中の男性は立ち止まった。

彼のせいで私はエスカレーターから降りれなくなった。

私はバッグの中心で彼の背中を殴るようにして彼を避けた。



いつもより人の多い駅。東京は夜の7時。

地下鉄のホームを歩いていたら、運良く電車が入って来た。

いつものポジションまで急ごうと、黄色い線の内側を早歩きで進んだ。

前を歩いていた男子高校生の、大きなスポーツバッグにぶつかってしまった。

迷惑そうに顔を振り向かせた彼は、私を冷ややかな目で見詰めながら

大きなバッグを大袈裟に振って、私を黄色い線の外側へと押し出した・・・

【2007/10/04 20:38】 | 東京の夜は7時 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。