ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -27-
ビールが前に置かれると善文はそれをごくごくと飲んだ。

詩織も真似してごくごくと飲んだ。やはり喉ごしが美味しいのは一杯目だけだな、

と詩織は思う。

善文はグラスを置くと、その長い足を組んだ。


「佐倉さん、彼氏います?」

「想像に任せます」

これは詩織がいつも決めている回答だ。居ても居なくても

そう答えておくのが都合がいい。

局の先輩で馬鹿正直に「居ません」と答えたら、得意先に見合いを持ち込まれ、

断るに断れず苦労したという話を聞いている。

「んー。じゃあ居ないことにします」

善文は綺麗な指で顎を擦りながら答えた。詩織はふっと善文の左手を見た。

そう、薬指。ガイコツの大きな指輪は今日も善文の薬指にはまっていた。

「田辺さんは、そのガイコツ、あの帰国子女の彼女にもらったんですか?」

聞くだけ聞いて、詩織は自分は勝手にビールを飲んだ。

「彼女?」

善文は笑った。しかしその目は迷惑そうに細められている。

「三井は同期ですよ。付き合ってません。それにこれ、

たぶんアメリカに帰ったときに適当に買った土産ですよ。

一応、お守りだとは言ってましたけどね」

善文は指輪をグルグルと回して見せた。


「じゃあ、田辺さんも付き合ってる人、居ないんですか?」

詩織は素になって聞いた。すると善文がふふっと笑った。

「今、本当のこと言いましたね。佐倉さん、本当に今、付き合ってる人いないんでしょう?」

あ、しまった。しかし詩織はなるべくそれを表情に出さないようにビールを一口飲んだ。

「想像に任せます。でも田辺さんに居ないことは確定」

善文はふふふっと笑った。公家に戻っている。

「佐倉さん、なんなら僕、立候補しますよ」

詩織はあやうくビールを気管に流し込むところだった。

「ふふふ。じゃあ選挙運動、楽しみにしてます」

邪険にしたつもりだったが、内心、悪い気はしなかった。


それから30分ほどして、二人は空のビールグラスを前にしていた。

「佐倉さん、これからどうやって帰ります?」

「渋谷から山手線で新宿へ出ます」

「それなら小田急線の代々木上原へ出ましょう」

詩織は首を傾げた。

「ここからなら渋谷に出るのも代々木上原に行くのも同じくらいです。渋谷は人が多いから」

「でも道、わかりません」

「駅まで送りますよ」

「田辺さんはどうやって帰るんですか?」

「僕?」

善文は笑った。

「僕、松涛なんです。ここから歩いてすぐ」

「え?こんな所に住んでるんですか?」

見えるわけもないのに、詩織は左右をきょろきょろした。

善文がふふっと笑う。


店を出た。二人はそのままなだらかな坂を上った。

道は細かったが、人通りは多かった。

「ほら」

善文が白い建物を指差した。道路の右側は大きなビルが多い。そのうちでも特に大きかった。

「ここが僕の会社です」

詩織はぐるっと上を仰いだ。大きいが放送センターとは雲泥の差だ。

二人は会社の前を黙って過ぎた。しばらく歩くと、また善文が指を差す。

今度は左の細い路地だ。

「こっち行けば、僕の家です」

「いいところ、住んでますね」

詩織は羨望交じりの溜息をついた。




----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/03/09 00:18】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
桜、早すぎる春 -26-
しばらくそうしていると、善文は両腕をぐーっと上げて

体を伸ばしてから、ソファーに座り直した。

「なんか、すみません。悲しい話題になっちゃいましたね。

本当はあなたと楽しい話がしたかったのに」

詩織もはっとした。シロクマの話ときいて、熱くなりすぎた。

「もう一杯だけ、飲みませんか?」

善文はニコっと笑うとビールグラスを持って立ち上がった。

「まだ飲めるでしょ?」

ニコニコした顔のまま、反対を向いて、たおたおとしたカーテンを開けると

「ビール2つ、お願いしまーす」

無邪気な声を店に響かせた。


楽しい話。詩織はぼんやり考えた。善文とする、楽しい話。

あの白川郷の囲炉裏端でした話。何を話したんだっけ?

思い出そうにも思い出せない。ただ、思い出そうとするだけで

楽しかった気持ちが心からわいてくる。つい頬が緩む。

「あれ?佐倉さん、笑ってます?」

善文がわざと大袈裟に、笑いながら詩織の顔をのぞき込んだ。

「え?」

詩織は思わず首をうしろに反らせたが、善文はそのまま笑って詩織の顔を見ている。

「何を考えていたんですか?」

ニコニコしながら尋問だ。詩織はまた頬を緩ませた。

善文の顔が近くにある。切れ長の目、すっとした鼻。

囲炉裏端に戻ったような気がして、なんだか体がポカポカしてきた。

この人に見詰められると、なんだか安心するな。

詩織はふっと笑った。善文が眉をピクっと動かす。

「『かんじゃ』でした話、覚えてますか?」

善文は笑って、相変わらず詩織に顔を近づけている。

「『かんじゃ』って、白川郷で泊まった民宿ですか?」

「そうです。覚えてますか?」

詩織は楽しくなってきた。あのとき、どんな話したんだっけ?

何を話したのか思い出したい。視線を善文からはずし、

記憶からあの日を捜した。自然に両手を胸の前で組んでいた。

思い出せそうだ、一番楽しかった時間を。

「ああ、岩魚の骨酒飲んだんですよね。なつかしい。

どんな話、したんでしたっけね?」

「覚えていませんよ。もう二年も前のはなし…」

「たしか、たな」

詩織が記憶から何かを引っ張り出そうとしたその瞬間、

善文のくちびるが詩織の言葉をふさいだ。

え?

詩織は何が起きているのか、理解できなかった。


善文のやわらかいくちびるが離れても、詩織は視点をどこに合わせるわけでもなく、

腕を胸の前で組んだまま、ぼおっとしていた。

善文はその長い足で机を回り、さっきと同じようにソファーに腰を下ろした。

え?

あれ?今のは何だったんだろう?

引き出しかけていた思い出もまたどこかへ埋まってしまったようだ。

「あは、やだ、び、びっくりするじゃないですか」

詩織は頬が温かくなっているのが分かった。紅くなっているのかもしれない。

両手で頬を押さえる。

「え、ダメですか?」

善文も笑いながら言った。今の善文は公家じゃない。

悪戯をしたあとの悪がきだ。


善文の方へ体を向けて、詩織はクッションをポンポンと叩いた。

「ダメダメ。マナーがなってない」

善文は肩をすくめて笑っている。詩織はわざと怒ったような顔をして

「本気にしちゃったらどうするんですか?」

「歓迎です」

ぷっ。詩織は噴き出した。善文も「あはは」と笑った。

カーテンが開いて、ビールグラスが二本届いた。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/03/02 21:49】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
桜、早すぎる春 -25-
「シロクマは雑食なんです」

「クマ類はほとんどそうですよね?」

善文はまた綺麗な指を顎にあてて撫で始めた。詩織はコクンとうなずいて続けた。

「さっきも話したように、夏の間は狩りをするんです。

アザラシとかセイウチとか。でも今はセイウチは難しいと言われてるようです」

「体力が無いから、ですか?」

「そうです」


詩織は一旦、両手を膝の上に乗せ下を向いた。これを話すのは、

詩織にとってとても心が痛む。ゆっくりと息を二回吐いて、今度は両手で球を作った。

「白夜って分かりますよね?北極は、夏には日が沈みません。

だから夏の四ヶ月間、ずっと太陽熱を浴びるんです」



出典:有限会社遊造


「このとき、北極圏の氷はすごい勢いで溶けます。

北極点はもともと、南極みたいに大陸が無いことはご存知ですよね?」

「もちろん」

善文は特に表情を変える様子もなく詩織の話を聞いている。

「グリーンランド、カナダ、アラスカの一部などが北極圏に入るんですが、

最近、夏になるとアラスカ側の氷はほとんど溶けてしまいます」

「土になるわけですか?」

「そうです。そればかりか、海になります」

「え?」

「夏になると、北極圏の氷は日本の大きさよりも、もっと広い範囲が海になります。」

「まじですか?」

「シロクマはもともと泳ぎは得意なんです。だから氷が溶けても泳げるんですが…。

桁が違いすぎるんですよ。氷の上にいるには広い範囲を移動しなければならない。

海に落ちたら、それこそ長い距離を泳がなければ氷には乗れません」

「温暖化、って、そんなに進んでるんですか?」

善文は指を顎にあてたまま、眉間に皺を寄せた。

「ぞっとしますよ、北極の衛星写真を見ると」

「見たんですか?」

善文は大きな声を上げた。それから小さく頭を下げて

「すみません」

と言った。詩織も苦笑した。

「見れますよ、誰でも。興味があればどうぞ」

「どうやって?」

「ネットで検索すれば、すぐ」


善文はしばらく黙っていた。ソファーに体を深く沈ませて、

何かを考えるように天井を見ている。

詩織はどうしたら良いのか分からなくなって、とりあえず

テーブルの上のビールに手を伸ばす。ごくごくと二口飲む。

なんだかにがい。


「そんなに温暖化が進んでいて、地球は助かるんですか?」

善文は呟くように言った。

「まだ間に合うんですか、僕たち人類は?」

その言葉に詩織は心にナイフを突き刺されたような痛みを感じた。

人類は。人類は助かるのか?

「わかりません。少なくとも今の生活を続ければ、

誰もが、研究者の誰もが言うように人類は危機を迎えるんでしょう。

それが正しいか、私にはわかりません」

「僕たちのこんな日常が」

善文は首をがくんとソファーの背にもたせかけて呟く。

「今も地球を壊しているんですね」



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/17 18:54】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
桜、早すぎる春 -24-
「地球温暖化かあ」

豆乳リゾットを皿に取り分けながら、善文は呟いた。

「僕は何も知らないなあ。考えたこともない。そんなふうに

大きなテーマをもって番組を企画したこともない。

はい」

一枚目の皿を詩織に回すと、善文は二枚目の皿にも

リゾットを盛った。


「まあ、隠すほどのことじゃないから言うんですけど」

善文は少しためらいがちに言葉を続けた。

「NHKグループって、年ごとにテーマがあって、それに沿って番組を企画するんですよ」

詩織は箸を割った。リゾットは箸で食べる。

「例えば今年は『家族』がテーマ、来年は『食』がテーマとか。

そうするとドラマも家族にスポットを当てたものとか、家族で見られるクイズ番組とか」

詩織はリゾットを口にした。う。これは癖がある味だ。

「でも、そのテーマとは別に、自分が訴えたい内容を番組に反映させていくのは魅力的です」

善文もリゾットを口にして、満足そうに頷いた。

田辺さんにはそれができる力が充分あるじゃないですか

と言いかけて詩織は言葉を飲み込んだ。

善文の白川郷の映像を観たことは黙っていたい。なんとなく、内緒にしておきたい。


「田辺さんはデジタルがご専門だって言ってましたよね?」

詩織はシンポジウムの日に善文が言った言葉を覚えていた。善文は苦笑した。

「そう、デジタルならなんでもやります。地上デジタル、BSデジタル、

だけど一番多いのはウェブ制作ですね」

「え?ウェブですか?」

驚いた。NHK-EPってそんなに守備範囲広いの?

「番組ごとにホームページがあるじゃないですか。あれを作るときの

ルールを決めたり、制作単価決めたり」

「あれ?田辺さんはディレクターじゃなかったですか?」

「ディレクターですよ、一応」

善文はまた苦笑した。


「佐倉さんは、地球温暖化の番組担当ですか?」

「いいえ」

詩織はリゾットを飲み込んで答えた。

「担当といえば担当ですが、今はまだ企画段階です。

業務のほとんどは番組制作です。スポンサー番組って

わかります?5分から10分の連続番組です。他社の番組ですが

『世界の車窓から』みたいなやつです」

「ああ、ああいうのスポンサー番組っていうんですか」

「NHKじゃ絶対にない種類ですよね」

詩織は笑った。善文は苦笑した。

「意地悪言わないでくださいよ。でも僕たちも番組に予算をつけてもらうために、

NHKにプレゼンするんですよ」

「そうなんですか?」

「そうですよ、ほとんど僕らみたいなのが企画作って、

NHKのディレクターに売り込むんです。僕たちは、本当は株式会社なんですから」

善文はパンツの後ろポケットから名刺を出して詩織に渡した。

そのとき初めて気がついたのだが、今まで善文の名刺はみたことがなかった。


詩織は鞄の中から自分の名刺を出して善文に渡した。

「ふうん…佐倉さんってチーフだったんですね」

予想外の部分を指摘されて詩織は戸惑った。

ここはただ笑ってやりすごしておこう。

「すみません、さっきのシロクマの話ですけど、もう少し聞かせてもらえませんか?」

詩織はまた一人、シロクマの現状を知ってくれるのが嬉しかったし、

善文のそういう態度も嬉しかった。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/16 00:56】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
桜、早すぎる春 -23-
詩織は今日はその問いに素直に答えた。アフリカに行ったこと。

東都大学の獣医大学院に通っていること。

それはこれから日丸テレビが作ろうとしている番組になんの影響もないからだ。

アフリカが旱魃に苦しんでいること、北極の氷河が溶けていること。

そんなことはNHKでなくても、ほかの局がいやというほど報道している。


「すみません、無神経でした」

善文は相変わらず指で顎を撫でながら言った。

今日は長い足を組んで座ってはいない。ソファーが深すぎて、

テーブルのビールをとるのにいちいち身を起こさなければならない。

ソファーに沈むと、善文のひざ頭は善文の顔の高さと同じところにあった。

ビールを飲むのに足が邪魔じゃありませんか?詩織はつい聞きたくなってしまう。

「地球温暖化というとね」

善文はまた話し始めた。

「熱帯の昆虫が日本にも入ってきて繁殖して、今は熱帯地方でしか

発病されないとされる伝染病が日本でも発症するとか、そういうことを考えていました」

「そうですよね」

詩織もうなづいた。

「利根川水系が干上がっちゃったら困るなあとか」

ビールを飲んで善文は言葉を継いだ。

「なんか、自分のことばっかり、考えてました」

詩織は黙ってうなづいた。


「日本人は知らなすぎるんです、本当の温暖化を」

詩織もビールをぐいっと飲んだ。「知らなかった」

だからといって許されるわけではないのだ。

アメリカが京都議定書に批准しなかったことが、どんなに温暖化に影響したか。

そしてゴア元副大統領の告発がなぜノーベル賞を得るに値したか。

アメリカ人は知ったのだ、自分たちが犯していることが地球温暖化を招き、

それによって生態系破壊のみならず、自らも苦しむこととなったタイフーンを生んでいることを。

知ること。知ったこと。それがノーベル賞なのだ。


「共食いかあ」

善文は視線を上に向けて呟いた。それから

「あ、すみません、また言っちゃいました」

と詫びた。

「ビール、もっと飲んでいいですか?」

善文が空になったグラスを詩織に向けながら言った。

詩織のグラスのビールも残りわずかだ。

「私も、もっと飲んでいいですか?」

詩織も善文に尋ねた。善文はニッコリした。

「佐倉さんが酔いつぶれたら、家まで送らせてくださいね」

詩織は思わず吹き出した。

「あはは、じゃあ酔いつぶれるまで飲んでいいんですね?」

「え?」

善文がソファから立ち上がる。

「佐倉さん、そんなにいける口ですか?金、足りるかなあ?」


善文は長い足でテーブルの向こう側へ回り、カーテンを開けて

ビールを2つオーダーした。

「あと焼き餃子と豆乳リゾット。いっこずつ」

後ろ手でカーテンを閉めながら、善文は真顔で言った。

「豆乳リゾット、美味いですからね」

「は、はあ…」

この店、そうとう気に入ってるんだなと詩織は思った。

そういえば、詩織にも行き着けの洋風居酒屋がある。

いつか善文を招待してあげよう。そう思うと詩織はウキウキした気分になった。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/14 00:48】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。