ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -1-
4月。むさくるしい偉そうな年配たちに混ざって、

佐倉詩織はNHKホール一階の中央付近の席に座っていた。

毎年、この季節に行われるデジタル放送のシンポジウム。

参加するのは初めてだった。詩織にとってデジタル放送は

地上だろうが衛星だろうが関係ない、そう思っていた。

しかし、今年はちょっと違う。

詩織はデジタル放送が視聴者に与える影響について強い

関心を持った。テレビに出来る新しい可能性について、

真剣に考えようと思っていた。


詩織の勤める日丸テレビは、デジタル放送開始は後発だった。

関連地方局の金銭的体力が弱かったせいもある。

放送設備のメーカー契約に時間がかかったせいもある。

そんなことも手伝って、しぜん詩織の興味は薄かった。

未だにデジタルチャンネルではサイマル放送をしているだけで、

NHKの紅白みたいな「お茶の間審査員」を試みる企画も無かった。


あることをきっかけに詩織はデジタル放送にしかできない、

大きな役割に気付いた。それは言い換えれば、詩織個人ができる

役割の模索に他ならなかった。

昨年の夏、アフリカにロケに行って以来、詩織はずっと考えている。

自分に出来ることは何なのか。


午後から始まったシンポジウムはNHK会長の挨拶で幕を開けた。

この様子は教育チャンネルで放送される。

ホールの中には大きな固定カメラのほかに、2台のハンディカメラが動いていた。


いよいよ間近となった地上デジタル放送に向けて、

放送局は視聴者に向けどんなサービスを展開する必要があるのか。

地上デジタル対応のテレビはまだまだ値が高すぎる。

電気メーカーがそれに反論する。そもそも視聴者にとって

地上放送のデジタル化はメリットが分かりにく過ぎるのだ。

そんな議論が続いた。


詩織は時々観客席に向けられるハンディカメラを意識しながら、

奥歯をかみしめて睡魔と闘った。

観客の多くはテレビ局関係者だろう。他に広告代理店。

新聞などのメディアも来ているだろう。おじさんばかり。

若くて姿形の整った詩織は、完全に浮いていた。


----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/01/23 22:20】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -2- | ホーム | 桜 -終->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/19-3a2006bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。