ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -2-
午後、二度目の休憩時間になった。

ここで退散する人が多いのか、詩織の左右に座っていた人たちが

一斉に席を外した。これ幸いと詩織も席を立った。


男性用トイレの前に長蛇の列ができていた。

こんな光景は滅多にないだろうと詩織は少し可笑しかった。

帰ったら同僚に報告しなければ。

ホールロビーとは反対側の廊下に人が密集している。

その先に喫煙所があるらしい。手前には売店があって

飲み物も売っていた。

ホール内は飲食厳禁。詩織は睡魔と闘うために、飴を

調達しようと思った。うまい具合にフリスクもあった。

詩織はペパーミント味を入手すると、その場でぴらぴらの

包装を破り、2粒口に入れた。これで最後のパネルディスカッションも

船を漕ぐことなくやり過ごせるだろう。


さらに廊下の奥に、飲み物の自動販売機があった。

喫煙者たちは販売機の前までいっぱいだった。

煙の中をくぐって販売機の前まで進むと、カップの珈琲もある。

ホールの中には持ち込めないが、詩織は缶コーヒーが苦手だった。

休憩時間中に飲み干してしまうことにして、ブラックの珈琲を買うことにした。


小銭を取り出そうと、鞄に手を突っ込みごそごそやっていた。

その時。

廊下の反対側から、すらっと背の高い和風美形男子が歩いて来る。

小さな花柄のシャツを皮パンの上に出し、サラっとした茶髪を

少し踊らせながら歩いて来る彼は、やはりこの場に浮いていた。

田辺善文。詩織にとって忘れられない人物だった。

小銭を出す手も止めて、詩織の目は善文に釘付けになった。

まさに全身、フリーズ状態。


善文の目が詩織の視線とぶつかった。黒や紺のスーツの

おじさまたちの中で、ベージュのジャケットに春らしい

淡い青のスカーフを巻いた詩織は、遠くからでも目立つらしい。

善文が一瞬、歩く足を止めた。

「あ。」声にならない善文の声が聞こえたように思う。


----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/01/23 22:23】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -3- | ホーム | 桜、早すぎる春 -1->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/20-33dfd6f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。