ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -3-
それから善文は詩織のほうをずっと見ながら歩いてきた。

詩織は動けなくなってしまった。誰かに「すみません」と声をかけられて、

詩織は自動販売機の前を譲った。


「ひさしぶりですね」

最初に声をかけたのは善文だった。

「地デジシンポジウム、いらしてたんですか」

「はい」

詩織は何を答えたら良いのか分からずに、ただもじもじ立っていた。

「そっか」

善文は両手を皮パンのポケットに突っ込むと、ふうっと

廊下をロビーの方へと視線を投げて

「このあと、パネルディスカッションですよね?見て行くんですか?」

と尋ねて、それから詩織の顔を覗くように視線を下げた。


背の高い善文と、正面からこうして話しをするのは初めてかもしれない。

善文はあの秋の日より大きく見える。

ここNHKホールは善文の庭先のようなもの。相変わらずたおやかな仕草に、

詩織は善文の貴族の気品を思い出した。さすが、NHK様さま。


「聞いていくつもりです。田辺さんは?」

詩織は少しだけ笑顔を作って聞いた。善文はまたロビーの方をふうっと見て、

眉間に少しだけ皺を寄せて

「どうしようかな、と思っているところです。はっきり言うと僕、

デジタル専門だから、今さら聞いても面白くないんですよ」

詩織は驚いた。デジタル専門?善文はあのコンペの時、

既にデジタル映像を作っていたのだろうか?詩織は完全に

負けたような気分になった。


「まもなく次のプログラムが始まります。ロビーにいる方々は席にお戻りください」

アナウンスが流れた。喫煙者たちが一斉に動き始めた。

詩織はカップ珈琲を買えなかった。

「それじゃ」

善文はそう言うと、廊下を来た方へと戻って行った。


----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/01/23 22:35】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -4- | ホーム | 桜、早すぎる春 -2->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/21-2a38619e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。