ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -5-
「こっちです」

善文はバス通りまで出ると渋谷C.C.Lemonホール(旧渋谷公会堂)の角を右に曲った。

なだらかな坂を下り、NHK放送センターの西門へ通じる道にぶつかった。

東の門は見学者がほとんどで、この西門がNHK各社員の通用口であり、

出演者の入口でもある。

善文はこの通りを渡って、さらに西へと続く細い道に入って行った。

自動車一台、通れない道である。


不思議なことに、この細い道沿いに店が幾つもあった。

なるほど、NHKの人しか知り得ないだろうな、と思うような裏道だ。


細い道に入ると、善文は詩織の横に並んで、詩織の歩幅で歩いた。

ジャケットを両手で前に抱えている。

「最後のディスカッション、どうでした?」

感想を求めるというより、内容を尋ねているようだった。

「うーん。デジタル放送がテレビか携帯か、あとパソコンも。

どの媒体にでも通用するには?なんて難しいこと話してましたよ。

携帯でテレビ、見るんでしょうかね?」

詩織は本気で疑問で思ったことを口にした。

善文は笑った。ほっほっほ、と。ああ、そう、例の公家っぽい雰囲気で。


佐倉詩織が田辺善文と会ったのは一年半前の秋だった。

航空会社が空港で放映する映像の制作を発注するコンペで、

偶然にも同じ「白川郷」をテーマにして争った。

その取材の際、詩織の日丸テレビのカメラマンに不手際があり、

ひょんなことからNHK-EPのディレクターである

田辺善文と2日間、取材を同行することになったのだ。


詩織は善文を、自分より2歳くらい年下だと思っている。

その彼がたった一人で番組企画をしていることに感心していたし、

またどこかで劣等感も持っていた。

一年半前、詩織が善文の企画書とも言える絵コンテを

見てしまったことから誤解が生じ、二人は「さようなら」も

言わないまま別れた。


それ以来の再会だった。善文はコンペに圧勝し、見事な

番組を成田空港国際線ロビーで披露した。詩織も偶然、

その番組を見た。画面の美しさと番組が訴えるテーマの

深さに詩織は感嘆したのを覚えている。そしてたぶん、

詩織は善文の企画を盗もうとして絵コンテを見たのでは

ない、と善文が分かってくれたのだと思った。


そうだとしても…善文とどんな会話をしたら良いのか、

詩織は少し戸惑っていた。


----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/01/23 22:37】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -6- | ホーム | 桜、早すぎる春 -4->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/23-63f5e82e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。