ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -6-
少し歩くと善文は通りの右側にある店を指差した。

「あそこです」

店は地下にあるようだが、メニューの看板が外に立っていた。

洋風居酒屋という感じだろうか。

善文が先に階段を降り、店のドアを開けた。手を胸の高さで折り、

詩織に先に店に入るように促した。


店は想像していたよりもずっと暗かった。ソファーの席、

壁に向かったカウンターのような席、黒のモダンなテーブルと椅子の席。

同じ造りの席はひとつもなく、それぞれに趣向が凝らされていて、

電灯も様々、明るさもそれぞれ違っていた。


「あそこでいいですか?」

善文が指差した席は木で作られた椅子が二つ横に並んだ、

古い図書館を連想させる明るい席だった。

「はい」

店の奥には天井からたおたおとした半透明のカーテンが垂れた

ムーディーな席もあり、広い空間なのに一組のカップルが

寄り添うようにソファーに座っているのが見えた。


善文は抱えていたジャケットを椅子の背にかけた。

詩織もベージュのジャケットを脱ぐと、善文のしたように

椅子の背にかけた。詩織が腰をかけようと椅子を引いたときには、

善文は既に椅子に半分腰を下ろし、メニューを広げていた。

「僕はビールにしますが、佐倉さん、どうします?」

「私もビールでいいです」

詩織は腰を下ろしながら答えた。


「すみません、ビールふたつ」

善文は慣れたように、店員に声をかけた。

「はい」

どこからともなく店員の声が聞こえた。詩織は声の主を捜そうと、

座ったまま振り返ってきょろきょろした。しかし

店員がどこに居るのか、まるで分からなかった。


「もしかして、おなか空いてます?」

善文が尋ねた。

「いいえ、そんなに空いていません。いつもはこんな時間に

夕食とりませんから」

「そうですよね」

善文はきれ長ほそ面、美形公家顔で笑うと、

メニューから適当につまみを選んだ。


ビールが運ばれてきた。突然背後に人が現れたような

気がして詩織は驚いた。善文がまたふふっと笑った。

「じゃあ、二人の再会に、乾杯」

善文は椅子の角に座って身を詩織の方に向けたまま

無邪気にグラスを上げた。

「乾杯」

詩織は突然に一年半前に戻って、さっきまで善文と話して

いたような錯覚に襲われながらグラスを上げた。


----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/01/23 22:39】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -7- | ホーム | 桜、早すぎる春 -5->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/24-d938d004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。