ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -10-
うふふ。詩織はつい笑ってしまった。

「今までそんなふうに言われたことありません」

それに善文が詩織のそんなところを気に入っていたとは

想像もしなかった。詩織もビールに手を伸ばした。

「でも、そう言えば」

ビールグラスを口元まで運んでおいて、詩織は首を傾げて

数日前のことを思い出していた。


「でも… なんですか?」

善文は足をぶらぶらさせながら詩織の言葉を待った。

「うん、BSの番組タイトルを決めるとき…」

「BS…デジタルですね?」

「当り前じゃないですか!私は日丸テレビですよ!やだな田辺さん、NHKぶっちゃって」

「あー、いいえ、そういうつもりじゃなかったんですが、

つい… それに僕、NHKだし。ふふっ」

詩織は頬をふくらませてみせて、それからビールをあおった。

「佐倉さん、やっぱり酒、いける口ですね」

善文が両手を揉んで嬉しそうに言った。

「好きですよ。たしなむ程度ですけど」

詩織はそう答えると、またぐいっとビールを飲みこんだ。


「そのBSの番組タイトルって?」

「ああ」

詩織は話題が戻ったことに驚いた。詩織の周囲には、

話の腰を折って自分の話題にばかり走る同僚が多い。

こんなふうに男性に問い掛けられるのは久しぶりな気がする。

これが会話のキャッチボールというものか。何だか嬉しくて気分がのってきた。

「今度、BSで地球環境問題やるんですよ。うちの局で

こんなにでっかく取り上げるのは初めてなんです。そのタイトル…。あっ」

詩織は慌てて口をつぐんだ。しまったと思った。他社にもらしていい

企画ではなかった。まだ早すぎる。案の定、

「日丸さんが環境問題ですか?」

善文は抜かりなく突っ込んできた。

「すみません、聞かなかったことにしてください」

詩織ははしゃぎすぎたことを後悔した。


善文の表情からも笑みは消えていた。首を右に左に、

交互に倒しながら、両手を合わせて手首をぐいっと前に突き出し

「でも、聞いちゃいました」

と言った。

「すみません、忘れてください。ほんとうに」

詩織は自分の軽率さを呪いながら、善文に身体を近付けて

ビールグラスを持ったまま祈るような姿勢になった。

「僕は直接、環境問題は扱ってないですけど…でもそれって

うちとしてもかなり力入れてるプロジェクトなんですよね」


「え?」

今度は詩織が驚く番だった。「プロジェクト」なの?

「あっ」

善文も口を滑らせたことに気付き、慌てて前に突き出していた両手を口に当てた。

しばらく二人はそのままのポーズで互いを見詰め合った。

にらめっこだ。

「ぷっ」

勝負は詩織の負けだった。


----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/01/23 22:43】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -11- | ホーム | 桜、早すぎる春 -9->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/28-e694a731
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。