ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -11-
「でもそうですよね。NHKが環境問題を取り上げるのは

ある意味、義務だと思いますよ」

詩織は残りのビールを空にしながら言った。

「義務?」

「そうです、義務。NHKは災害時とか、絶対に特番で

状況報告をする義務がありますよね。それと同じだと思うんですよ」


「うーん」

善文はまた足をぶらぶらさせた。

「それはつまり、数字(視聴率)は関係ない、って意味ですか?」

「そうです!もちろん!」

詩織は空のグラスをまるでマイクでも向けるかのように善文の前に突き出して言った。

「私たち民法は数字取らなきゃ番組作れないんです。でも

NHKなら良質な情報のためにお金かけられるでしょう?」

善文は足をぶらぶらさせながら苦笑した。

「NHKだって同じですよ。数字で予算が決まるんだから」

「そうなんですか?」

「数字が取れたディレクターは次の番組の予算も多く

取れるんです。それは同じじゃないですか?」

「民放は、スポンサーがつかなきゃ予算は取れません」

詩織はぷいっと顔をそむけるとグラスをテーブルに置いた。


「あ、佐倉さん、グラスが空いてますね。ビールでいいですか?」

善文はすっと右手を上げた。店員がさっと現れた。

「ビール、もうひとつ」

形の良い善文の指が、詩織の空けたグラスをつかみ、

店員の手に渡された。このとき、詩織は初めて善文の

左手の薬指に気がついた。善文のグラスを持つ手を追うように、

顔が下から上へと移動する。

「ビールじゃないほうが良かったですか?」

善文がそれに気付いて聞いた。詩織は自分の頭が無意識に

動いていたことにはっとした。

「いいえ、ビールでいいです」


しかしその返事も上の空だった。善文の左手の薬指。

そこにはシルバーの大きな指輪があった。白川郷で会ったときには

していなかったはずだ。一年半のあいだに、結婚したのだろうか?

しかしそれを否定したくなる要素があった。それは指輪がドクロの形であるということ。

しかもかなり大きいということ。結婚指輪とは思えない。

でも左手の薬指である。彼女からのプレゼントだろう。

でなければ、わざわざ左手の薬指にするはずがない。


詩織はなぜだか急に白けた気分になった。もちろん、

善文に恋人が居ようと居まいと関係ないはずである。

なのに、とても白けた。会話がひどくつまらないものに感じてきた。

詩織は右の足を左足に組んで、善文がしているようにぶらぶらと

揺すってみた。普段は履かないゆるめのハイヒールがコロンと落ちた。

「あ」

詩織は慌てて履き直すと足を組むのはやめることにした。

善文はそんな詩織の行動を、テーブルに頬杖をついて黙って見ていた。


----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/01/23 22:44】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -12- | ホーム | 桜、早すぎる春 -10->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/29-65c15adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。