ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -13-
「ないわけじゃありません」

善文は相変わらず足をぶらぶらさせながら言った。

「でも僕、デジタル制作担当なんです。何かひとつを

自分のテーマにする、ってことがないんですよ」

その目は少し寂しそうだった。

「デジタル制作、って、つまりハイビジョンですよね?」

詩織が聞くと、善文は頭をがっくりと前に落とし、首を横に振った。


「違うんですよ。ハイビジョンだけじゃない、ってこと」

善文は自分が作ってきた番組のタイトルを言った。その中には

テレビ番組以外のもの、例えば夏に空港で流していた

「守り継ぐ日本の美」のような環境映像もそうだ。

教育チャンネルのCD-ROM構成をすることもあるそうだ。


「環境問題については真剣に取り組んでます。NHK全体で。

でも僕が何かできるかと言ったら、何もできない」

「そうでしょうか?」

「佐倉さんは何ができますか?」

「私は…」

詩織はテーブルに置いてある割り箸を手にした。

「コンビニに行ったらエコバックに入れて持ち帰ります。

コンビニ袋は断るようにしています。始めたばかりですけど。

そう意識することが大切なんだと、教わりました」

「誰に?」

「地球に。温かくなっていく地球にです」

善文は足をぶらぶらさせるのを止めた。詩織は続けた。

「でもね、マイ箸は持っていないんです。箸は廃材から

作っていると言うじゃないですか?もしそうだとしたら、

割り箸は使うほうがエコなんです。伐採された木のために、

全部を利用するほうがいいと思うんです」


「それと、テレビの義務とは関係なくないですか?」

善文の声は小さく低く響いた。

「直接的には。今言ったのは、私が一人の地球人として

できることです。これは誰にでもできることです」

詩織は持っていた箸を置いた。

「でも私には違う力、というか…違う機会が与えられています」

「なんですか?」

「温かくなっていく地球の姿を、テレビを通して世界に知らせることです」


善文はテーブルに頬杖をついて、詩織を見た。善文の目は

詩織の目の奥に隠してある物でも探すかのように、あっちこっちに動いている。

「それで、今、どんな番組を作ろうとしているんですか?」

詩織は笑った。

「田辺さん、私たち同僚じゃないんですよ。言えるわけないじゃないですか」

詩織が笑ったのを見て、善文も笑った。

「そうでしたね。僕、つい夢中になっちゃって忘れてましたよ。

今日話したことは、お互いオフレコですね」

「もちろんです」


「あ、だけど」

詩織はパンと手を叩いた。

「なんですか?」

「田辺さんもエコバックにするといいですよ。それは今日からできるエコですから」

善文はテーブルから離れると腕組みをして笑った。

「エコバック?僕は前からコンビニ袋は使いませんよ。

買ったものは全部手で持って歩きますから」


----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/01/25 23:46】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -14- | ホーム | 桜、早すぎる春 -12->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/31-4c36b18d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。