ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -15-
「このドクロですか?」

善文は指輪を指から抜くかのように上から撫でて、

「これ、お守りです」

とあっさり答えた。


「お守り?」

詩織は納得できない。左手薬指にドクロでお守りなんて話は聞いたこともない。

「僕、去年、3回も事故っちゃったんですよ」

「え?!」

「事故っていっても、歩いてたら後ろからコツンとぶつけられたとか、

たいした怪我はしてないんですけど」

善文は眉間に皺を作って、苦笑した。

「それでアメリカのお土産だって、同期がくれたんです。

この指にしか、入らないんですよ」

善文は指輪をはずし、テービルに置いた。


「どうしてドクロがお守りなんですか?」

「僕にもわかりません」

善文は無邪気に笑った。

「お守りかどうかは知らないけど、気に入ったからしてるんですよ。

そんなに気になります?」


詩織は頬に少しだけ空気を入れて膨らましたあと

「だって、左手の薬指ほど、意味のある指はないですよ」

「まあ、そうですけど。」

善文はさらさらの髪を両手でかき上げておでこを出すと組んでいる上の足をかかえた。

「同期って、付き合ってる女性ですか?」

詩織はなるべく無邪気を装って聞いた。

自分でも馬鹿な女だなと思うくらい、品のない聞き方だった。

「別に違いますよ。ファッションです。でも、そんなに女性から倦厭されるんだったら、

はめてるとモテませんね」

ふっふっふっと善文は笑う。

詩織はもともと無粋な話題は苦手だ。これ以上、善文に突っ込む勇気も元気もなかった。

善文も自分からそれ以上、語る様子がなかった。


「ビール、もう一杯づつ頼みましょうか?」

善文が言った。詩織のグラスはとうに空いていた。

詩織の答えを待たずに、善文は右手をあげて

「すみませーん」

と店員を呼んだ。すると店員の代わりに、小柄な女性が善文の挙げた右手をさっと掴んだ。

「Shoot!こんな所で飲んでやがったか」

ベリーショートに皮ジャン、Gパン。白くてびっくりするほどかわいい女性の口から、

これまたびっくりするほどきたない言葉が発せられた。

善文が「あ」という間に女性は店中に響くかのような大きな声で

「ビール3つ、お願いします」

と言った。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/03 22:37】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -16- | ホーム | 桜、早すぎる春 -14->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/33-70064456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。