ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -16-
あ、この子、私に嫉妬してる。詩織は単純にそう思った。

相手の剣幕にも驚くし、言葉が見付からない。

どういう関係、と尋ねられて答えられるような、大層な関係でもない。

だって会って2回目なのだから。


「この人は今日のシンポジウムに来てて」

「ヨシフミは黙ってって!」

まるで小さな子供がわがままを言っているかのようだ。

詩織はくすっと笑った。

ゆいはそんな詩織の顔をきっとにらみつけた。

「私、佐倉詩織と言います。佐倉は佐倉市の佐倉。

詩織は詩(うた)を織ると書いて詩織」

詩織は機でも織るかのような仕草をしてみせた。

「ふうん。それで?ヨシフミとはどういう関係?」

「知り合いだよ。昔、ちょっと仕事で会ったことがあるんだ」

善文が代わりに答えた。


「ふうん」

ちょうど届いたビールに口をつけると、ゆいは善文の方を向いて言った。

「そんな人と飲む方が大切なんだ?CGの上がりを見るより?」

詩織よりも善文の方がいやそうな表情をした。

「だって昼までに上がったら見るって約束だったじゃん」

「昼までにできなかったから見てくれないわけ?」

「そうだよ。予定外の時間に僕が誰と飲んでいようと、構わないでしょ」

ゆいはビールをぐびぐびと飲んで、

「別にいいわ」

と言った。


こういう内輪もめっぽいのに巻き込まれるのはご免だな

と詩織も黙ってビールを飲んだ。飲み終わったら退散しよう。

ここでビールを最後まで残さず飲まなければ気がすまないのが、

詩織の欠点ともいえる。

「ねえ、佐倉さん」

テーブルの上のグラスに手を伸ばしたまま、ゆいが聞いた。

「お正月にうちでやった世界遺産の番組、観た?『大いなる謎、世界遺産の旅』って

番組なんだけど」

「ああ…」

珍しく正月に実家に帰っていた詩織は、そんな番組を観たような気がした。

世界遺産でも遺跡を扱ったもので、ピラミッドやマチュピチュを

取り上げていたように記憶している。

「そうそう、それよ!」

ゆいは嬉しそうに手を叩いた。

「黄金に輝くピラミッドを復元したの。観てくれた?」

「はい、観ました。春分の日にピラミッドのてっぺんに太陽が昇るんですよね?」

「…。佐倉さん、どこかの番組とまざってるわ」

「えっ」


「あのCGはこいつが作ったんです。綺麗だったでしょう?」

善文がゆいの向こう側からひょこっと顔を出して言った。

「うん、綺麗でした。やっぱりCGはNHKが一番綺麗だと思いますよ」

ちょっとおべっかかな、と詩織は思った。

「ええ、日本においてはね」

ゆいが言う。

「こいつ、大学までアメリカに居て、CGやってたんです」

また善文が代わりに言った。

「帰国子女ですか?!」

「その言葉、嫌い。日本人って、その言葉好きよね」

なんか喧嘩売られっぱなしだなあ、と詩織は心の中で苦笑した。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/03 22:42】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -17- | ホーム | 桜、早すぎる春 -15->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/34-ea0f7791
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。