ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -18-
詩織がその研究室を訪ねたのは三回目だった。

東都大学獣医学部大学院、野生動物科山口准教授室。

大学や動物を飼育している教室は東京郊外に校舎を持っていたが、

山口准教授室は水道橋に近い東京の真ん中のビルの12階にあった。

ビル全体が清潔で明るく、動物が走り回っている獣医大学のイメージとはかけ離れていた。


詩織はエレベーターを12階で降りて、まっすぐ伸びる

廊下を突き当たりまで歩き、今度は東側がガラス張りになった廊下を左に曲って

二つ目のドアをノックした。

ドアが内側へすっと開いた。

「すみません、せっかく訪ねていただいたのに」

部屋の中に招き入れたのは短髪で、スポーツマン風の精悍な青年だった。

山口准教授の助手の結城大介。いつものように、スリムなカラーパンツにブランドのシャツ。

こんな大介も大学生の頃は毎日動物の臭いのする部屋で

土まみれになっていたというから驚きだ。


「これが、山口から預かっている資料です」

「ありがとうございます」

詩織は封筒を受け取ると、その場で中の書類を出した。

見た途端、詩織は嫌悪感とも怒りともとれる感情を抱いた。

二人は部屋の中で、その書類に写っている写真を見ながらしばらく黙っていた。

詩織はその書類をぎゅっと自分のお腹に押し付けて天井を仰いだ。

「これが、現実ですか?」

「ええ」

大介は静かに答えた。

「これで。こんな状態で、シロクマはまだ生きているんですか?」

「…ええ」

ためらいがちに大介が答えた。詩織は涙が流れそうになるのを必死でこらえた。


大介は

「だから私たちが闘っているんです。佐倉さんも、そうでしょう?」

と言って詩織から離れた。

「お茶をいれましょう」

大介は山口教官室の戸を開けると、廊下へ出た。

お茶を飲む。野生動物研究室の中でも、絶滅危惧種を

扱う資料室へと移動するのだ。前にも二度も、詩織は資料室で大介と紅茶を飲んだ。

資料室といっても実際は学生の集まる図書室のような場所で、

そこには大介以外にも絶滅危惧種に指定されている動物を研究する大学院生がいつも居る。

「あ。佐倉さん、いらっしゃい」

大学院生の高橋は嬉しそうに声をかけた。

大介は部屋の隅に置いてあるお湯の沸かせるポットへ近付き、

詩織と自分の分の紅茶を淹れた。


----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/10 22:07】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -19- | ホーム | 桜、早すぎる春 -17->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/36-887a6fef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。