ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -20-
三人の学生たちは資料室の中央にある大きな机の上に北極圏の地図を広げていた。

彩は机の上に身を乗り出して食い入るように地図を見ている。

詩織と大介は学生たちから少し離れた場所に座って、紅茶を飲み始めた。京が

「あれ?結城さん。俺達の分はないんですか?」

と聞いたが、結城は静かに笑うだけだった。


「でも実際、白夜ってのは厳しいわよね」

彩が腕ぐみする。

「シロクマの繁殖期なんです。実際、シロクマも寒い中はヤなんじゃないですか?」

雅が笑いながら返答した。

「山口先生はいつ、日本を発たれたんですか?」

詩織は大介に聞いた。

「おとといです。今回はカナダの研究チームと合流する予定なんですが、

まだ着いてないんじゃないかな」

大介は袖の下の大きな腕時計をのぞかせて答えた。


「突然でしたね、フィールドワークなんて」

詩織は両手でカップを包んで呟くように言った。

「運良く、カナダ側に近い場所でつがいが見付かったんです。

僕らも氷の上にベースキャンプを置くより、大陸に近いところから観察できれば

ありがたいですしね」

「普段は氷の上ですか?」

「最近では夏になるとシロクマの方から寄ってきますよ。

氷がなくなりますからね」

大介は苦笑していた。


京がまた大介に言った。

「結城さん、俺らの紅茶は?」

彩が乗り出していた上半身を起こし、京を見下ろすように言った。

「あんた、もうすぐ学部の彼女とデートの時間でしょ!」

「え?」

京が資料室の壁掛け時計に目をやると、4時を過ぎていた。

「うわ、やべ。今日は俺があっちに行く番だった」

慌ててジャケットと鞄を持つと、ドアに駆け寄り、

「失礼します。佐倉さん、今度一緒にお茶しましょうね」

と言って出て行った。

「ったく!」

彩は相変わらず椅子の上に膝をついて立っている。

大介は「あはは」と声に出して笑っていた。

詩織もなんだか可笑しくなってふふふと笑った。


一年生の雅が

「僕たちもお茶にしませんか?淹れてあげますよ、先輩」

と言うと、立って紅茶を淹れ始めた。

「ありがとう」

彩も椅子から降りて、地図はそのままに詩織たちのそばに椅子を引寄せた。

「佐倉さん、マスコミに入社するのって大変ですよね?」

彩が突然に聞いた。

「競争率は高いけど、どうして?マスコミに入りたいの?」

彩は大きく首を振って答えた。

「違います。私はパンダに一生を捧げるんですから。

それより、マスコミの人が、この資料室に通っているのがなんか不思議で」

雅が紅茶を二つ持って、結城の隣に座った。ひとつは手を伸ばして彩に渡した。

彩はもう一度「ありがとう」と言った。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/10 22:17】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -21- | ホーム | 桜、早すぎる春 -19->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/38-8d3c21da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。