ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -21-
四人はかわるがわるお互いの顔を見た。彩は都会派のおしゃれなお姉さんだし、

雅は良い所のおぼっちゃまに見える。

大介は落ち着いた大人だし、詩織はよく年齢不詳だと言われる。

詩織以外は獣相手とは言え医者なわけで、どこかくだけた感のある詩織とは

雰囲気が違う。

「私、違和感ありますか」

詩織は苦笑した。


「そういうんじゃないんです」

彩は真顔で言った。

「私たちがやっていることを、マスコミの人が当り前のように見てるのが不思議。

今まで研究室に籠もっていたものが、なんか窓を開けて外へ出て行く気がする」

「それ、分かる気がする」

大介がうなずいた。

「私たちのやっていることが認められたっていうか」

「あ、彩さんの言ってる意味、分かります!」

雅も相槌を打った。


「私は」

詩織は斜めに天井をながめながら言った。

「どうだろう?よく分からない。ただ、今まで全然接点のなかった世界と

つながったような気はします」

「そうですよね」

彩が言い、大介は首を縦に振った。

「だけどここに来ると…」

詩織はひざにのせた封筒の上でぎゅっと手を握った。

「どんどん悲しい現実を知ってしまいます。ただ遊びに来ているんじゃない、

って思います。こんなにも辛い取材って、今まで経験したこと、たぶんありません」

一瞬、沈黙がよぎった。


「確かに」

大介が立ち上がり、カップを持ったまま広げたままの机の上の地図を引寄せた。

「確かに、辛い現実です。私たちはそれに直面しています。

直面したからこそ、獣医になり、野生動物の保護に一生懸命なんです」

彩と雅がうなずいた。

「佐倉さんは今まで知らなかった。だけど知ってしまったら放っておけなくなった。

獣医ではないけど、私たちと向いている方向は同じです」

「そう思うわ」

「僕もそう思う」

三人に認められ、詩織は嬉しかった。嬉しいと同時に身が引き締まる想いだ。


「この前伺ったとき、山口先生からシロクマが共食いをしていると聞きました」

「えっ?」

彩も知らなかったのか、驚きの声を上げた。大介は静かにうなずいた。

「ええ、そうです。もともと共食いをする種なのかもしれません。

でも最近になって共食いの数がぐっと増えました」

「それは、やっぱり、食べるものがないから?」

「恐らくそうでしょう。共食いは普通、個体が多くなりすぎて

食糧が不足したときに起きやすい現象です。シロクマの場合は、

数は激減しているのに、それよりももっと、餌が獲りにくくなっているんです」

「餌が減っているんですか?」

大介は悲しそうな目をしてスッと首を横に振った。

「狩猟するだけの体力がないんです。海に落ちたら、

もう氷の上に上がることもできず、溺れ死ぬ個体も居ます」

詩織はイヤイヤをするように、頭を左右に何度も振った。

また知りたくないことを知ってしまった。知りたくなかった。

だけどこれが現実なのだ。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/11 22:18】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -22- | ホーム | 桜、早すぎる春 -20->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/39-5cc602a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。