ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -22-
「ふうん、共食いですか」

善文は綺麗な指で顎をさすりながら呟いた。

「それが食糧難のためにされるとしたら、悲劇ですね」

「ただの食糧難じゃないんです。本来の餌のセイウチとかアザラシとか、

そういう動物は近くに沢山居るんです」

「動けなくなったから、近くにいる子供を食べちゃうわけですか」

「田辺さん…もうちょっと言葉を選んでください」

詩織はうつむいた。


約束したように、善文から携帯メールがあった。

時間があったら食事をしないかという誘いだった。

詩織はBS局のある原宿に居たから、またNHK西側にある、

前と同じ店で落ち合うことになった。詩織は快く承諾したが、

歩いてみるとなかなか遠かった。よりによってNHK放送センターが大きすぎる。

中を通行できるパスでもあれば良いのに。そう思いながら、

自分がいつまでも日丸テレビの社員証を首からさげていることに気付いて、まだ

人通りの多い竹下通りで慌てて社員証を鞄に詰めた。


店に着いたとき、善文は既に一人で飲み始めていた。

ウイスキーをロックでやっていたらしい。

「だって、ビール飲みながら待ってたらお腹いっぱいになっちゃうでしょ?」

善文が子供のような笑顔で詩織を迎えたのは30分前。

そんな善文の優しさに、詩織はちょっと心が揺れた。

この人はとても大きな人なんだと思った。白川郷の映像のように、

いつも「ひと」を見ているんだな、この人は。


善文が座っていた席は、前にカップルがひとつのソファーに寄り添って座っていた、

たおたおとしたカーテンのあるムーディーな場所だった。ライトもいい感じに暗くて、

メニューの字がぎりぎり読めるくらいの明るさ。

ライトよりも、机の上で揺れてるローソクの炎の方が明るいくらいだ。

詩織は最初、善文が来ているのに気付かなかった。店は既に満席で、

にぎやかだった。複雑に構成された席の間を、奥へ奥へと進んでいった。

すると「うしろだよ」という携帯メールが着信して、振り返るとカーテンを半分開けて

手を振っている善文が見えた。


「すみません、もうこの席しか空いてなくて」

申し訳なさそうに善文が言った。

「いやならほら、真ん中にクッションを置けばいいし」

一生懸命言い訳している善文が可愛くて、詩織はクスっと笑った。

「大丈夫ですよ、襲ったりしませんから」

詩織はそういうと、ソファーのもう半分に腰を下ろした。

下ろしてから気が付いたのだが、ここにはこのソファーがひとつあるだけだ。

てっきりテーブルごしに、もうひとつ椅子があるのだと思っていた。つまりカップル席か。

善文が苦笑いするわけだ。


詩織は善文とのあいだに置かれたクッションに肘を乗せ

「ああ、これ、楽ですよ」

と笑った。

「どれ」

善文も腕を乗せる。

「ほんとですね。じゃ、今日はくつろぎながら」

善文の公家顔がローソクの灯りに揺れた。なんだか、

すぐに愛の和歌でも詠みそうな雰囲気だった。


しかし、二人のビールとおからコロッケが出されてすぐ、

シロクマの話が始まった。善文が切り出したのだ。

「佐倉さんがそんなに突然に、地球温暖化問題に夢中になったのは、なぜですか?」



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません
スポンサーサイト

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/12 22:04】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<桜、早すぎる春 -23- | ホーム | 桜、早すぎる春 -21->>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://greensummer2.blog121.fc2.com/tb.php/40-fbdfaebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。