ここ夏文庫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
桜、早すぎる春 -23-
詩織は今日はその問いに素直に答えた。アフリカに行ったこと。

東都大学の獣医大学院に通っていること。

それはこれから日丸テレビが作ろうとしている番組になんの影響もないからだ。

アフリカが旱魃に苦しんでいること、北極の氷河が溶けていること。

そんなことはNHKでなくても、ほかの局がいやというほど報道している。


「すみません、無神経でした」

善文は相変わらず指で顎を撫でながら言った。

今日は長い足を組んで座ってはいない。ソファーが深すぎて、

テーブルのビールをとるのにいちいち身を起こさなければならない。

ソファーに沈むと、善文のひざ頭は善文の顔の高さと同じところにあった。

ビールを飲むのに足が邪魔じゃありませんか?詩織はつい聞きたくなってしまう。

「地球温暖化というとね」

善文はまた話し始めた。

「熱帯の昆虫が日本にも入ってきて繁殖して、今は熱帯地方でしか

発病されないとされる伝染病が日本でも発症するとか、そういうことを考えていました」

「そうですよね」

詩織もうなづいた。

「利根川水系が干上がっちゃったら困るなあとか」

ビールを飲んで善文は言葉を継いだ。

「なんか、自分のことばっかり、考えてました」

詩織は黙ってうなづいた。


「日本人は知らなすぎるんです、本当の温暖化を」

詩織もビールをぐいっと飲んだ。「知らなかった」

だからといって許されるわけではないのだ。

アメリカが京都議定書に批准しなかったことが、どんなに温暖化に影響したか。

そしてゴア元副大統領の告発がなぜノーベル賞を得るに値したか。

アメリカ人は知ったのだ、自分たちが犯していることが地球温暖化を招き、

それによって生態系破壊のみならず、自らも苦しむこととなったタイフーンを生んでいることを。

知ること。知ったこと。それがノーベル賞なのだ。


「共食いかあ」

善文は視線を上に向けて呟いた。それから

「あ、すみません、また言っちゃいました」

と詫びた。

「ビール、もっと飲んでいいですか?」

善文が空になったグラスを詩織に向けながら言った。

詩織のグラスのビールも残りわずかだ。

「私も、もっと飲んでいいですか?」

詩織も善文に尋ねた。善文はニッコリした。

「佐倉さんが酔いつぶれたら、家まで送らせてくださいね」

詩織は思わず吹き出した。

「あはは、じゃあ酔いつぶれるまで飲んでいいんですね?」

「え?」

善文がソファから立ち上がる。

「佐倉さん、そんなにいける口ですか?金、足りるかなあ?」


善文は長い足でテーブルの向こう側へ回り、カーテンを開けて

ビールを2つオーダーした。

「あと焼き餃子と豆乳リゾット。いっこずつ」

後ろ手でカーテンを閉めながら、善文は真顔で言った。

「豆乳リゾット、美味いですからね」

「は、はあ…」

この店、そうとう気に入ってるんだなと詩織は思った。

そういえば、詩織にも行き着けの洋風居酒屋がある。

いつか善文を招待してあげよう。そう思うと詩織はウキウキした気分になった。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/14 00:48】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
桜、早すぎる春 -22-
「ふうん、共食いですか」

善文は綺麗な指で顎をさすりながら呟いた。

「それが食糧難のためにされるとしたら、悲劇ですね」

「ただの食糧難じゃないんです。本来の餌のセイウチとかアザラシとか、

そういう動物は近くに沢山居るんです」

「動けなくなったから、近くにいる子供を食べちゃうわけですか」

「田辺さん…もうちょっと言葉を選んでください」

詩織はうつむいた。


約束したように、善文から携帯メールがあった。

時間があったら食事をしないかという誘いだった。

詩織はBS局のある原宿に居たから、またNHK西側にある、

前と同じ店で落ち合うことになった。詩織は快く承諾したが、

歩いてみるとなかなか遠かった。よりによってNHK放送センターが大きすぎる。

中を通行できるパスでもあれば良いのに。そう思いながら、

自分がいつまでも日丸テレビの社員証を首からさげていることに気付いて、まだ

人通りの多い竹下通りで慌てて社員証を鞄に詰めた。


店に着いたとき、善文は既に一人で飲み始めていた。

ウイスキーをロックでやっていたらしい。

「だって、ビール飲みながら待ってたらお腹いっぱいになっちゃうでしょ?」

善文が子供のような笑顔で詩織を迎えたのは30分前。

そんな善文の優しさに、詩織はちょっと心が揺れた。

この人はとても大きな人なんだと思った。白川郷の映像のように、

いつも「ひと」を見ているんだな、この人は。


善文が座っていた席は、前にカップルがひとつのソファーに寄り添って座っていた、

たおたおとしたカーテンのあるムーディーな場所だった。ライトもいい感じに暗くて、

メニューの字がぎりぎり読めるくらいの明るさ。

ライトよりも、机の上で揺れてるローソクの炎の方が明るいくらいだ。

詩織は最初、善文が来ているのに気付かなかった。店は既に満席で、

にぎやかだった。複雑に構成された席の間を、奥へ奥へと進んでいった。

すると「うしろだよ」という携帯メールが着信して、振り返るとカーテンを半分開けて

手を振っている善文が見えた。


「すみません、もうこの席しか空いてなくて」

申し訳なさそうに善文が言った。

「いやならほら、真ん中にクッションを置けばいいし」

一生懸命言い訳している善文が可愛くて、詩織はクスっと笑った。

「大丈夫ですよ、襲ったりしませんから」

詩織はそういうと、ソファーのもう半分に腰を下ろした。

下ろしてから気が付いたのだが、ここにはこのソファーがひとつあるだけだ。

てっきりテーブルごしに、もうひとつ椅子があるのだと思っていた。つまりカップル席か。

善文が苦笑いするわけだ。


詩織は善文とのあいだに置かれたクッションに肘を乗せ

「ああ、これ、楽ですよ」

と笑った。

「どれ」

善文も腕を乗せる。

「ほんとですね。じゃ、今日はくつろぎながら」

善文の公家顔がローソクの灯りに揺れた。なんだか、

すぐに愛の和歌でも詠みそうな雰囲気だった。


しかし、二人のビールとおからコロッケが出されてすぐ、

シロクマの話が始まった。善文が切り出したのだ。

「佐倉さんがそんなに突然に、地球温暖化問題に夢中になったのは、なぜですか?」



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/12 22:04】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
桜、早すぎる春 -21-
四人はかわるがわるお互いの顔を見た。彩は都会派のおしゃれなお姉さんだし、

雅は良い所のおぼっちゃまに見える。

大介は落ち着いた大人だし、詩織はよく年齢不詳だと言われる。

詩織以外は獣相手とは言え医者なわけで、どこかくだけた感のある詩織とは

雰囲気が違う。

「私、違和感ありますか」

詩織は苦笑した。


「そういうんじゃないんです」

彩は真顔で言った。

「私たちがやっていることを、マスコミの人が当り前のように見てるのが不思議。

今まで研究室に籠もっていたものが、なんか窓を開けて外へ出て行く気がする」

「それ、分かる気がする」

大介がうなずいた。

「私たちのやっていることが認められたっていうか」

「あ、彩さんの言ってる意味、分かります!」

雅も相槌を打った。


「私は」

詩織は斜めに天井をながめながら言った。

「どうだろう?よく分からない。ただ、今まで全然接点のなかった世界と

つながったような気はします」

「そうですよね」

彩が言い、大介は首を縦に振った。

「だけどここに来ると…」

詩織はひざにのせた封筒の上でぎゅっと手を握った。

「どんどん悲しい現実を知ってしまいます。ただ遊びに来ているんじゃない、

って思います。こんなにも辛い取材って、今まで経験したこと、たぶんありません」

一瞬、沈黙がよぎった。


「確かに」

大介が立ち上がり、カップを持ったまま広げたままの机の上の地図を引寄せた。

「確かに、辛い現実です。私たちはそれに直面しています。

直面したからこそ、獣医になり、野生動物の保護に一生懸命なんです」

彩と雅がうなずいた。

「佐倉さんは今まで知らなかった。だけど知ってしまったら放っておけなくなった。

獣医ではないけど、私たちと向いている方向は同じです」

「そう思うわ」

「僕もそう思う」

三人に認められ、詩織は嬉しかった。嬉しいと同時に身が引き締まる想いだ。


「この前伺ったとき、山口先生からシロクマが共食いをしていると聞きました」

「えっ?」

彩も知らなかったのか、驚きの声を上げた。大介は静かにうなずいた。

「ええ、そうです。もともと共食いをする種なのかもしれません。

でも最近になって共食いの数がぐっと増えました」

「それは、やっぱり、食べるものがないから?」

「恐らくそうでしょう。共食いは普通、個体が多くなりすぎて

食糧が不足したときに起きやすい現象です。シロクマの場合は、

数は激減しているのに、それよりももっと、餌が獲りにくくなっているんです」

「餌が減っているんですか?」

大介は悲しそうな目をしてスッと首を横に振った。

「狩猟するだけの体力がないんです。海に落ちたら、

もう氷の上に上がることもできず、溺れ死ぬ個体も居ます」

詩織はイヤイヤをするように、頭を左右に何度も振った。

また知りたくないことを知ってしまった。知りたくなかった。

だけどこれが現実なのだ。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/11 22:18】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
桜、早すぎる春 -20-
三人の学生たちは資料室の中央にある大きな机の上に北極圏の地図を広げていた。

彩は机の上に身を乗り出して食い入るように地図を見ている。

詩織と大介は学生たちから少し離れた場所に座って、紅茶を飲み始めた。京が

「あれ?結城さん。俺達の分はないんですか?」

と聞いたが、結城は静かに笑うだけだった。


「でも実際、白夜ってのは厳しいわよね」

彩が腕ぐみする。

「シロクマの繁殖期なんです。実際、シロクマも寒い中はヤなんじゃないですか?」

雅が笑いながら返答した。

「山口先生はいつ、日本を発たれたんですか?」

詩織は大介に聞いた。

「おとといです。今回はカナダの研究チームと合流する予定なんですが、

まだ着いてないんじゃないかな」

大介は袖の下の大きな腕時計をのぞかせて答えた。


「突然でしたね、フィールドワークなんて」

詩織は両手でカップを包んで呟くように言った。

「運良く、カナダ側に近い場所でつがいが見付かったんです。

僕らも氷の上にベースキャンプを置くより、大陸に近いところから観察できれば

ありがたいですしね」

「普段は氷の上ですか?」

「最近では夏になるとシロクマの方から寄ってきますよ。

氷がなくなりますからね」

大介は苦笑していた。


京がまた大介に言った。

「結城さん、俺らの紅茶は?」

彩が乗り出していた上半身を起こし、京を見下ろすように言った。

「あんた、もうすぐ学部の彼女とデートの時間でしょ!」

「え?」

京が資料室の壁掛け時計に目をやると、4時を過ぎていた。

「うわ、やべ。今日は俺があっちに行く番だった」

慌ててジャケットと鞄を持つと、ドアに駆け寄り、

「失礼します。佐倉さん、今度一緒にお茶しましょうね」

と言って出て行った。

「ったく!」

彩は相変わらず椅子の上に膝をついて立っている。

大介は「あはは」と声に出して笑っていた。

詩織もなんだか可笑しくなってふふふと笑った。


一年生の雅が

「僕たちもお茶にしませんか?淹れてあげますよ、先輩」

と言うと、立って紅茶を淹れ始めた。

「ありがとう」

彩も椅子から降りて、地図はそのままに詩織たちのそばに椅子を引寄せた。

「佐倉さん、マスコミに入社するのって大変ですよね?」

彩が突然に聞いた。

「競争率は高いけど、どうして?マスコミに入りたいの?」

彩は大きく首を振って答えた。

「違います。私はパンダに一生を捧げるんですから。

それより、マスコミの人が、この資料室に通っているのがなんか不思議で」

雅が紅茶を二つ持って、結城の隣に座った。ひとつは手を伸ばして彩に渡した。

彩はもう一度「ありがとう」と言った。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/10 22:17】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
桜、早すぎる春 -19-
部屋には高橋京という大学院2年生と、同じく2年の高木彩と一年生の柏木雅が居た。

三人とも既に顔なじみだ。このうち京と雅が大介と同じようにシロクマの生態を追っかけており、

彩はジャイアントパンダが専門だ。

しかし彩も、ここ数年になって急に数を減らしたとされる

シロクマの生存には大きな関心を抱いていた。

共通して全員が、それが人類による「地球温暖化による被害」であることに憤りを感じていた。


詩織は昨年の夏、ロケでアフリカに行った。番組は10分程度のもので、

地球温暖化がもたらした影響を視覚的に訴える内容のものとされた。

詩織は「地球温暖化」と聞いてもピンとこずに過ごしていた。

確かにだんだん、夏が暑くなってきたと感じている。

しかし日本の食事情を圧迫するような冷夏もあり、事態の深刻さが分からない。

冷房の設定温度を少し上げるとか水を流しっ放しにしないとか、

そんな簡単なもので効果は得られるのだと思っていた。


しかし現地に立ったとき、詩織は言葉を失った。あふれる涙を止めることができなかった。

足がガクガクと振るえ、これが人間の犯した罪なのだと実感した。


詩織が訪れたのはアフリカのブルキナファソという国。

旱魃に苦しむ国で、日本も植林の援助などを行っている。

ブルキナファソのはじっこ、大陸中央寄りにサヘル地域がある。

そこで詩織が見たものは、カラカラに乾いて、土がひからびたミイラのようにめくれ上がった大地。

そこが「沼」だと教えられた。詩織の知る「沼」は、こんなものではない。

日本から行った局のスタッフは全員、その場で動けなくなった。

同行した日本大使は言った。

「この状況を日本のみんなに伝えてください。先進国の自分勝手な生活が、

地球を壊している現実を」

20080208.jpg


それから日丸テレビでも地球温暖化、環境問題を積極的に

取り上げていこうということになった。

既に世界各地で日本からの応援組織が活動を始めていることが分かった。

日丸テレビはこれらと接触し、地球が抱えている、いいや人類が犯している罪の取材を始めた。


詩織も初めはそのままサヘル地域の砂漠化について取材をしていたのだが、

あるとき、地球温暖化により絶滅に追い込まれている動植物、魚がいることを知った。

その中でも詩織の目にとまったのは、北極圏の氷が溶けたことにより、

棲む場所をなくしているシロクマだった。

シロクマが絶滅危惧種に指定されたのは最近のことだ。

北極の氷がいきなり半分に溶けたことで、いっきに減少したと言われている。

そしてここ、東都大学獣医大学院が野生のシロクマの生態を調べ、

なんとか絶滅から救おうとしていることを知った。



----------------------------------------------------------
この物語はフィクションです。実在の人物・団体・組織とは一切関係ありません

テーマ:恋愛 - ジャンル:恋愛

【2008/02/10 22:13】 | 桜、早すぎる春 | トラックバック(0) | コメント(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
プロフィール

GreenSummer

Author:GreenSummer
東京都在住

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。